ショコラティエについて

ショコラティエ Tissa Aunillaについて

2013年にインドネシアで創業したPipiltin Cocoa(ピピルティンココア)チョコレートメーカーの創業者でありマスターショコラティエでもある。
2004年にオランダのユトレヒト大学で法学の修士を取得。7年間法律家として勤務した後、チョコレート工房設立を決意し今に至る。
スイスのフェルクリン社にて修行中、マスターショコラティエの認証を取得し、インドネシアカカオの魅力を広めるため活動中。

チョコレートの世界に入るきっかけ

Tissaがチョコレートを作ろうと決意したのは、オランダ留学中にインドネシアのジャワ島のカカオ豆を使ったチョコレートに出会ったことから。
ヨーロッパというチョコレートの加工・消費が盛んな土地でもジャワ島のカカオ豆を使っている。母国インドネシアで、インドネシア産カカオ豆を使ったチョコレートをつくりたいと思ったのがきっかけ。
法律家をすっぱり辞めて、チョコレートづくりに専念することに。スイスで修行後、念願のチョコレート工房をジャカルタにオープン。
現在インドネシアにおけるbean to barのパイオニアとして注目を浴びている。

フォローする