ショコラティエについて

Rubah4(ルバーフォー)の想い

株式会社Rubah4(ルバーフォー)は、異文化をていねいに体験してもらうサービスを通して、みなさまの豊かな人生の実現に貢献する会社です。
現在の主な取扱商品は、Pipiltin Cocoa(ピピルティンココア)のインドネシア産カカオのBean to Barチョコレート。

インドネシアのショコラティエ自らが農家と直接交渉し、質の高いカカオを適正価格で仕入れています。
同じインドネシア産でも、育つ地域が異なれば、カカオの味や香りは異なります。
まるで旅するような気分で、インドネシアの5つの地域別チョコレートをお楽しみ下さい。

ショコラティエ Tissa Aunillaティッサ アウニラについて

2013年にインドネシアで創業したPipiltin Cocoa(ピピルティンココア)チョコレートメーカーの創業者でありマスターショコラティエ。
2004年にオランダのユトレヒト大学で法学の修士を取得。7年間法律家として勤務した後、チョコレート工房設立を決意し今に至る。
スイスのフェルクリン社にて修行中、マスターショコラティエの認証を取得し、インドネシアカカオの魅力を広めるため活動中。

チョコレートの世界に入るきっかけ

Tissaがチョコレートを作ろうと決意したのは、オランダ留学中にインドネシアのジャワ島のカカオ豆を使ったチョコレートに出会ったことから。
ヨーロッパというチョコレートの加工・消費が盛んな土地でもジャワ島のカカオ豆を使っていることを知り、母国インドネシアでインドネシア産カカオ豆を使ったチョコレートをつくりたいと思ったのがきっかけ。
法律家をすっぱり辞めて、チョコレートづくりに専念することに。スイスで修行後、念願のチョコレート工房をジャカルタにオープン。現在インドネシアにおけるbean to barのパイオニアとして注目を浴びている。